中高年の女性の抜け毛にはホルモンバランスが関係

薄毛にはホルモンバランスが関わっています。
まず、男性型脱毛症(AGA)と男性ホルモンには密接な関わりがあります。

 

そして、女性にも多少男性ホルモンがありますが、
頭髪に影響を与えるほどの分量は分泌していません。
女性の薄毛と密接な関係があるのは、やはり女性ホルモンです。

 

薄毛とホルモンバランス

ホルモンバランスは女性の体調などに大きな影響を与えます。
そして、女性ホルモンの仲間であるエストロゲンが減ると、
薄毛になりやすくなってしまいます。

 

エストロゲンの主な働きは、髪の毛を美しく育成したり
女性らしいボディを作ったりする事です。
髪の毛の成長期を確保して、生育を促進する働きがあります。

 

このホルモンがあるので、女性の方が男性よりも髪が美しく長くなりやすいのです。

 

そして、生理、更年期、妊娠、出産等の女性特有の誘因により
女性ホルモンのバランスが崩れると、エストロゲンが減少して
薄毛になりやすくなってしまいます。

 

 

ですが、その時期が終わればホルモンバランスはまた安定します。
しかし、抜け毛自体の修復にはそれなりに時間を要する事になります。

 

そして、いつでもホルモンバランスがおかしくなってしまう人で、
このようなコンディションがずっと続くと、
髪の毛がどんどん減少して、薄毛が目立つようになってしまいます。

 

 

ホルモンバランスを改善するには?

ことに中高年女性は、このようにエストロゲンが減る事で薄毛になる事が多いです。
この事の誘因は老化ですから、特殊な事ではありません。

 

男性ホルモンが増える事でも薄毛になりやすくはなりますが、
男性ホルモンだけが薄毛の誘因なのであれば、男性と同じくツルツルになるはずです。

 

ですから女性の薄毛の誘因の大半は、やはり女性ホルモンのバランスの乱れなのです。
そして、女性ホルモンが減少した事が誘因の薄毛の場合は、
頭髪のボリュームが無くなっていくので、
頭皮や分け目が分かりやすくなっていってしまいます。

 

 

そして、女性ホルモンをしっかり分泌させるには、
生活習慣を整えて、それを維持しなければなりません。

 

運動習慣、食習慣、睡眠習慣などが乱れると、それが心身の負担になって、
ホルモンバランスや自律神経が崩れやすくなるので、
このような部分から整えていきましょう。

 

ですから、可能な限り毎日お風呂にはしっかり入るようにしましょう。
お風呂に入れば心身共にリラックスできますし、血行も改善されるからです。
このような事も薄毛ケアになるのです。

 

心身共にリラックスしている折にこそ女性ホルモンは出やすいので、
毎日入浴のような癒しの時間を確保するようにする事が大事です。