前髪が薄い女性の原因について

前髪は7:3に分けたり8:2に分けたりするのが普通ですが、
全部を後ろに牽引するポニーテールのようなヘアスタイルもあります。
前髪が薄いのが気になる理由と原因はさまざまですが、その場合は原因を追究して、
その対処策を考えましょう。

 

牽引性のヘアスタイルは毛根と頭皮を傷める

前髪全体を後ろに引っ張るヘアスタイル、つまり牽引性のヘアスタイリングは
どうしても前髪が生えている毛根と頭皮に負担がかかります。
そうすると前髪が弱ってしまい薄毛になります。
また頭皮が乾燥するのも薄毛の原因になりますから、シャンプーをし過ぎないようにして
ヘアドライヤーなどで乾かした後は適切な育毛剤で頭皮に潤いを持たせるようにしましょう。

 

 

ダイエットなどでたんぱく質が不足すると前髪が薄くなる

たんぱく質は3大栄養素のひとつで、たんぱく質の構造を持つ髪の毛には不可欠な栄養素です。
ダイエットでたんぱく質が不足すると、身体全体の栄養素のバランスが悪くなります。

 

当然髪の毛も栄養不足煮なりますから抜け毛になり、前髪が薄毛になります。
ダイエットが悪いのではなく、ダイエットでも必要なたんぱく質や鉄分、亜鉛などを
きちんと摂取して、前髪の薄毛に対処しましょう。

 

 

ストレスの女性ホルモンへの悪影響で前髪が薄くなる

ストレスを感じない人はいないと言えそうで、日常生活でストレスを感じることが多いようです。
ストレスはさまざまな悪影響を身体に与えますが、女性ホルモンのバランスを崩すことにもなります。
女性ホルモンのバランスが崩れて男性ボルモンが増えると前髪が抜ける原因になります。
対処法としてはエストロゲンを含む食事やサプリなどでホルモンバランスを整える必要があります。

 

 

スマホやパソコンを長時間見ていると頭皮環境が悪くなる

最近は便利なアプリが数多くスマホやパソコンにあるので、
ゲームをはじめとしてスマホやパソコンを長時間にわたり見る人が多いようです。
そうすると頭皮への血行が悪くなることが考えられ、その結果頭皮の血行が悪くなり、
前髪が薄くなる原因になります。
肩凝りや首凝りは頭皮への血行不良のサインですから、ストレッチで凝りをほぐし、
頭皮マッサージをしましょう。

男性用と女性用の育毛剤の違い

男性と女性の脱毛では、体内で生じている現象も異なりますし、
当然外部から見受けられる症状にも多大な差異があります。
男性はピンポイントで薄毛が発生しやすいですが、
女性は髪全域に発生しやすい傾向にあります。

 

つまり、対応する育毛剤にも差異があるというわけです。
男性と女性の育毛剤にはどのような差異があるのでしょうか。

 

 

男女の共通する作用

男女両方の育毛剤に含まれているのが、血流促進作用がある成分です。
育毛を成功させるには、血流がしっかりしている事が重要です、
血流が良ければ新陳代謝も良くなり、新規の元気な毛髪が生えやすくなります。

 

 

女性用育毛剤の性質

女性の脱毛症では、女性ホルモンにより毛髪の成長期が短くなり、
それが原因で髪全域が抜け落ちたり細くなったりするために薄毛が生じます。

 

ですから、基本としては毛髪を丈夫に太くするために、
ホルモンバランスを安定させられるような、
毛髪に必須の栄養成分が入っている事が多いです。

 

そして、女性は男性と比較して敏感肌の方が多いため、刺激が弱い育毛剤が多いです。
頭皮を保護するために保湿作用に重きが置かれており、
保湿成分も豊富に含有されています。

 

コロンや香水を利用している方も多いので、香り付きの育毛剤の需要は低く、
香りの無い、もしくは少しだけある位のものがメインです。

 

 

男性用育毛剤の性質

男性用育毛剤の場合、男性ホルモンの作用を和らげるための成分がメインになります。

 

男性ホルモンの動きにより皮脂が増加し、またその皮脂を触媒にして雑菌が増加したり、
さらに男性ホルモンが変質して毛髪を生成する細胞にダメージを与えたりして
男性型脱毛症が発生します。

 

ですから、抗菌成分や皮脂を分解できる成分が入っていたり、
男性ホルモンの動きをブロックできる成分が入っていたりするケースが多いです。

 

男性では、刺激が強い事や肌がその刺激を感じる事で作用を実感している方が多く、
使った後に清涼性を感じる類の育毛剤が重宝される傾向にあります。
女性用と比べると、香りに関しては考慮していない製品が多いです。

 

 

こうやってみると、男性用と女性用の育毛剤では差があるので、
前髪が薄い女性は、女性専用育毛剤を使う方がベターでしょう。